baobabのblog
by Baobab-m
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
profile
■□■□■baobab■□■■□
e0007456_22423133.jpg

Maika : Vo&Fiddle etc...
Mirai : Vo & Guitar etc...

>2004'baobabとして始動。
ヴォーカル/フィドル/ギター/の二人。ケルトミュージックを母体にインストゥルメンタルと歌の融合で独特な世界観を醸し出す。
日々のくらしの中で出会う色々を音にかえ、シンプルな編成の中に散りばめられた音々は、自由に広がり、風景や情景をイメージさせる。


2005’愛・地球博出演。

2006’2nd Album発表。

2007’ニュージランドツアー全20公演。

2008’3rd Album Botanical発表。Botanicalツアー。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□

baobabオフィシャルホームページはこちらから>■baobab HP

マイスペースにて音源の試聴ができます→■My Space/baobab

mixiのbaobabコミュニティーです→■mixi

Baobab Miraiの過去日記

■□■□■□■□■□■□■□■□■□


【CD作品】
1st Album[One Day...]
CSF-001/2,000yen在庫×
e0007456_223319100.jpg

2nd Album[Roll Over]
CSF-002/2,100yen×
e0007456_22404788.jpg

3rd Album[Botanical]
CSF-003/2,100yen在庫○

e0007456_22375378.jpg


■□■□■□■□■□■□■□■□■□

上記取り扱い店以外に、メールにてご注文頂けたら、全国配送しています。
お名前/住所/アルバムタイトル/枚数をお書きの上、送信してください。

055.gif
mirai@baobab-8.com
■□■□■□■□■□■□■□■□■□
以前の記事
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
ライフログ
Baobab
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
新しい音とお知らせ


e0007456_1893912.jpg























随分久しぶりのブログになってしまいました。。!

2014年のbaobabは、「Aruk」から4年ぶりとなるニューアルバムの
制作、レコーディングの日々。

今回も、カテリーナの森の母屋での録音。

しんしんと冷える真冬の録音。
そして、春の足音があちこちで聞こえてくる今も。
じっくりとこのアルバムの新しい音と向き合っています。

周りを田んぼに囲まれた古家なので、
夏は蝉とカエルが激しく鳴いたり、あったかい季節は、
何かと外の音が激しいので、冬の録音がベストです。
空気も冷たくてしんとしていて。
それでも耳をそばだてれば、色んな音が入っていると思うけどね、笑



e0007456_1612972.jpg




























パーカッションに良太さんを迎え、
リズム録りをした後、ストリングスチームの録音、



e0007456_155625.jpg

















そして今、歌録りやコーラス入れの真っ只中です。


e0007456_1613576.jpg




























皆さんが、どんな風に聞いてくれるだろう、、
と想像しながら、少しづつ形になってきている
まだ見ぬアルバムに
あと、ひと息、ふた息、み息
と入れていきます。


どうぞ楽しみにして頂けたら嬉しいです!




さて、3月のライブのお知らせです!

南青山スパイラルの地下1階にある”Cay”で、ライブの時間をつくります。


2014年3月13日(木)「青山シングバード」@ CAY

e0007456_1721335.jpg





























時間:OPEN 19:00 / START 20:00    
料金:予約 ¥2,500 / 当日 ¥3,000円(ご入場の際に1ドリンク代として600円を頂きます)
会場:CAY(スパイラルB1F)〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23

【出演】LIVE : baobab
Maika: Vocal / Fiddle Mirai:Guitar / Vocal etc.
ゲスト:まーと(percussion)

音響・DJ・映像:小池アミイゴ


※当日はご飲食もできますので、是非ご利用下さい。

ご予約・お問い合わせ
≪電話予約≫ CAY TEL 03-3498-5790(12:00~20:00)
≪メール予約≫ 下記のWEBフォームからお申し込み下さい。
       https://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_1023.html

■baobab: info@baobab-8.comまで。



2010年、小池アミイゴさんの「唄の荒野」で、
”CAY”という所に出会いました。
11日間続いたこの「荒野」のイベントの最後に出演させてもらって、
”CAY”という場所ではじめて演奏した。
東京の中心にあるのに、ここで働く人々が生み出す空気が、
なんとも熱くて不思議な場所だと思った。
(アミイゴさんのこの11日間というイベントも改めてすごいエネルギーだ、、)


「唄の荒野」の時は、ちょうど「Aruk」を制作中だった。
そして、完成したArukを持って、「風を感じてアルクツアー」もしたよなぁ。
思えば、大事な時期にCayでの時間はあって。
そして、今回も今まさに「Aruk」ぶり、のニューアルバムの制作真っ只中。

今回、ライブの時間をつくる事になった時に思いついたのは、
「青山シングバード」というタイトル。
いつもライブで出かけて行った先で考える事は、自分達の足下の事。
大分の山香という所を活動拠点にしている事、そこで、音楽をつくったり、
楽器をつくったり、生活すること、人が集う事。
その意味といつも向き合ったり、ごく自然な事だったり。
ぐるっと一周して、原点の部分、自分達の現場の空気を更に意識して
表現に変える時間にしてみたいなと思ったのです。

そしてやっぱり、ニューアルバム制作中。
新しい音もお届け出来たら。と思っています!


カテリーナの森という場所がある。
田んぼに囲まれた小さな森。
その森で一年に一度、初夏の5月に開催されるフェスティバル、
「シングバードコンサート」の空気をほんの少し切り取って
ここCAY(青山)でbaobabが小さなライブをお届けします!
名付けて「青山シングバード」!

くらしの音楽 木々の揺れる音 田畑の景色 四季をまたぐ鳥の声
集い 手に手を取り踊る人の声 そんな空気をつめこんだ音の空間を、
春の足音と共に感じていただけたら幸いです​




平日木曜日ですが、ぜひぜひお越し頂けたら嬉しいです!!




e0007456_1821212.jpg


















e0007456_13322810.jpg
[PR]
# by Baobab-m | 2014-02-28 16:12
秋のツアー
秋の気配を感じるこのごろですが、baobabは9月はツアーへ!


田んぼにはお米をつけた稲がまだコウベは垂れていませんが、元気に育っています。

今年の夏は雨が少なく野菜は水不足で大変でしたが、稲はなんとか元気。
柿の木は、危機を感じたのか、異常な程に実を付けています。

自然と動植物は深くリンクしていきますね。


秋の豊作を祈りながら、秋の「ねのねツアー」へと向かってゆきます。

まだ行ったことのない地へも足を運びます。



baobab autumn tour
2013.9.22~9.29

ね の ね

音の根っこは深く地中へ伸びてゆく
ねのねに耳をかたむけて
地中深く眠る音に耳かたむけて

根が土に伸びる
伸びた根っこは土の中で音を奏でる

根の音にそっと耳を澄まして
きこえてくる 音 歌 みんなの ね

秋の始まり 各地を巡る baobabの土の下の小さな音楽会へようこそ!


e0007456_2134434.jpg


9/22 北九州 > 9/23 島根 > 9/24 大阪 > 9/25 京都 > 9/26 愛知 > 9/27 長野 > 9/28 群馬
> 9/29 東京


                         イラスト:小池アミイゴ

前アルバム「aruk」から2年数ヶ月が経ち、その間に色々なモノに出会い、変化し、そして変わらないものがあり、、、
そんな色々をこのツアーで持って行ければと思っています。
お近くの方は是非足を運んでもらえたら幸いです。

ツアー詳細:http://info.baobab-8.com/
[PR]
# by Baobab-m | 2013-08-31 21:12
P.G.C.D.
e0007456_19121479.jpg














スキンケアブランド”P.G.C.D."のキャンペーンにて
baobab「Botanical」より、Twin Trees/chat chatの
2曲が使用されています。ぜひご覧下さい。


e0007456_19121846.png


https://www.pgcd.jp/ec/jp/campaign/20130819/


広告のようになっていますが、、、笑
[PR]
# by Baobab-m | 2013-08-31 19:16
衣食住歌 山梨
レポートが遅くなりましたが、山梨でのbaobab!

ここ昌福寺には3回目の訪問。

今回は、えみおわすの展示と合わせて、
baobabの音楽、baobabの生活の市に加えて鳥笛のワークショップも行って来ました。
「衣食住歌」というテーマで第二弾。
生活のすべて、そこから生まれる音楽や文化。

今、一番大切にしていかなければいけないテーマのひとつではないのかな〜と思います。

経済を中心として物事を考えるのはもちろん大切だけど、その根底にある生活をどのようにして送っていくか。
色々な生き方はあるけれど、自分はこんなことを大切に生きていくんだよってことだったり、
ふとした素敵な風景を誰かと共有できたり、
美味しいものを「うまい」と食べることができたり
何かを見て感動できたり。。。

baobabとしてうまく伝えることは出来ていないかもしれないけど、心の奥底にそんなことを思い、
日々生活を送りながら、少し形になったものを持っていきました。


まずはanuttaraでのライブ。
アミイゴさんのPAのサポートのもと等身大のライブ。
写真があまり無いので準備風景のみ!笑
e0007456_5565290.jpg


山香はカテリーナの森で育てた、お米や、お茶。
野菜は今回食事で入っていた「つむぎや」さんに提供しイベント期間中食事をお出ししていました。
もちろん、カテリーナでつくった小さな楽器たちも持っていきました。

そんな山香のカテリーナ産のものたちの「baobabの小さな市」も同時開催。
今回は、LIFT八木君の家具も同時に展示販売。
「住」が加わって。
e0007456_64612.jpg





e0007456_1893299.jpg

発酵をテーマにした、つむぎやの料理美味しかったです。
e0007456_1894465.jpg



二日目は、ワークショップと小さなbaobabライブ!

鳥笛のワークショップでは、子供から大人まであまり変わらないんです。
単純な作業のなか、良い音を探すことがこのワークショップの醍醐味。
技術や知識も約にたちますが、感覚はものすごく大切ですね!
子供でも以外と簡単に鳴らすことも出来てしまうんです。
そんなつくると言うか探すことに没頭してしまう時間でした。


e0007456_5563917.jpg


つくった鳥笛で、今度は鳥と会話!
昌福寺の庭で、まずは、レクチャー。
そしてみんなひとりひとりの鳴き声を発表しました。

耳を澄ます

ひとりの一生懸命な小さな鳥笛の声をみんなで耳を澄まして聞いているのは、
森の鳥の声に耳を傾けている時と同じ感覚でしたね!
それぞれ良い声で鳴いてましたよ〜


カテリーナ以外では、なかなか刃物などのケガの恐れのある工具を使うことが
難しいのですが、本当は、ノコをひいたり、小刀で削ったりすることをもっともっとやって、
つくると言うことに慣れ親しんでもらえたらと思っています。
鉛筆はナイフで削れるとか、あまり現代では必要では無いかもしれないけど、
本当は大得意な日本人のものづくりの技術を絶やして欲しくないと思います。



そんなカテリーナの夏のワークショップが大分県杵築市山香町にあるカテリーナの森で
8月2日、3日、4日の三日間で開催されます。
詳細はこちら→http://catherina1972.blogspot.jp/2013/07/blog-post.html

二泊三日のコースで、古民家に泊まり、竹楽器づくり〜アンサンブルまで。
一日参加も可能です。
是非、ご参加下さい。


宣伝が入ってしまいましたが、戻って。

e0007456_5562470.jpg






昌福寺の朝。
凛とした光が差し込む
境内もそうですが、全ての場所行き届いた心地よい空間。
これだけの空気感をつくるのに日々やはり大変な作業だろう
と、そんな事に敬意を払いながら数日間ここにお世話になりました。



e0007456_5563191.jpg


衣食住歌
みなさんお疲れさまでした。

次へ、のイメージが大きく確かなものとなりますよう、
また日々を紡いでゆきたいです。

昌福寺、ご住職一家、数日間お世話になりました!
[PR]
# by Baobab-m | 2013-07-24 07:05
山梨へ!
暑い!
だだっと真夏になった感じですね!
着実に日焼け黒んぼになってってます。笑
全国的に暑くなっていると思いますがみなさん元気ですか?


今週末はbaobab、山梨へ行きます。
こちらでの紹介遅くなってしまいました、、

山梨へは、アミイゴさんが誘い紹介してくれて
初めて昌福寺へ演奏しに行ったあの日から、今回で3度目!

一度目は冬の新年早々。(最高な一日だった!ほうとうの味を知りました。)
二度目は、収穫の秋。えみおわすの展示と共に。美しい時間でした。衣食住歌のvol.1。)
そして三度目の今回は、梅雨明け夏真っ盛りの山梨です。
こうして続いてよんでもらえる事、幸せな事です。

田んぼの緑と水の景色、夏の夜のなまぬるい風や、
せみの声、夕暮れ時の赤と碧い空とひぐらしの声、、
日本の夏の景色をみなさんと共有出来るような時間にしたいです。

e0007456_1905517.jpg





























衣食住歌 vol.2
藍と発酵文化を守り続ける女神七面天女の年に一度のご開帳。
山梨、昌福寺とanuttaraで行われるお祭りの中の二日間。
baobabはライブとワークショップでの参加です。
夏の山梨へぜひ!


2013年7月13日(土)
anuttara「baobab夏の演奏会と小さな市」

●Open/18:00 ●Start/19:00
●Charge/¥3,500(つむぎやのご飯付き)
*小学生以下無料

baobabが自然農で育てた米や粉、野菜を使った
”つむぎや”の料理と演奏会をゆったりとお楽しみ下さい。

「小さな市について」
baobabの活動拠点である大分山香のカテリーナの森では、
四季を通した農事をライフワークとして行っています。
自然農で少しずつ育てているお米・小麦・お茶。
そしてカテリーナの森から生まれる楽器などの展示も含めた
小さな市を7/13,14の2日間anuttaraにて開催します。


2013年7月14日(日)
昌福寺「鳥笛づくりのワークショップ」

●ワークショップ参加費:¥2,000(キット材料費込み)
●ワークショップ14:00~
(前後にミニフリーライブを予定しています。)

鳥の声を出すことが出来る、竹で出来た小さな楽器
「鳥笛」をつくるWork Shopを開催します。
シンプルな「音の鳴る不思議」を体験しませんか?
そしてつくった鳥笛でbaobabの演奏に参加しよう!
昌福寺のどこかにひそむ鳥とおしゃべり出来るかも!

-----------------------------------------------------------------------

【ご予約 Live / Work Shop】
●Mail: anuttara_info@ybb.ne.jpまで。
件名を「7/13baobabライブ」または「7/14ワークショップ」
としてお名前・連絡先・人数を明記の上、送信して下さい。

■anuttara
山梨県南巨摩郡富士川町青柳町1057
■昌福寺
山梨県南巨摩郡富士川町青柳町483
Tel: 0556-22-0218


------------------------------------------------------------------------
○昌福寺では7月12日~15日の間、えみおわす展を開催しています。
それに関連して、昌福寺ではいしだのりか夏の昌福膳、
セトキョウコのかき氷、anuttaraでは、TSUMUGIYA CAFE、
イエルカさんのナチュラルワインの会なども行われます。
どうぞ合わせてお楽しみ下さい。各お問い合わせは、
Mail: anuttara_info@ybb.ne.jp/Tel:090-4845-3871まで。
[PR]
# by Baobab-m | 2013-07-10 19:10